トップページ

 東京都中学校特別活動研究会は、東京都教職員研修センターの認定研究団体です。平成30年度で創立56年となります。生徒会長サミットを中心に、中学校特別活動に関わる活動を行っています。今年度は8月に研修会、10月頃に研究授業、11月に全日本中学校特別活動研究会東京大会、12月に、生徒会長サミットを行う予定です。
 特別活動に興味のある方は、ぜひお問い合わせください。一緒に特別活動を楽しみましょう!

新着情報

1月事務局会

20日(土) 練馬区立関中学校にて、1月事務局会が行われました。議題は、「平成30年度全日本特別活動研究会東京大会」「研究紀要」です。平成30年度全日本特別活動研究会東京大会は、練馬区立石神井東中学校にて、3学年の学活の授業公開と分科会、そして講演会を予定しています。20日付けで、来年度の全日本中学校特別活動研究会東京大会の1次案内を発送いたしました。
研究紀要については、各活動のとりまとめを行っています。2月9日(金)に行われる東京都教育研究員の発表まで集録していく予定です。

2018年01月21日

第16回生徒会長サミット

26日(火)、第16回生徒会長サミットが無事行われました。全体会では、大田区立大森第六中学校と港区立御成門中学校の発表が行われました。どちらも学校の特色を活かした活動をしており、「ホタル復活プロジェクト」「六中平和の歌」(大森第六中学校)、「赤十字社を通じた募金活動」「スウェーデン大使館との交流」「いじめを防ぐ取組(パネルディスカッション)」「生徒会本部作成の学校ルールについてのビデオ」(御成門中学校)といった活動が報告されました。
分科会は、6つに分かれ、各会場でホワイトボードを活用しながら、情報交換や意見交換が活発に行われていました。「また来年も参加したいです!」と笑顔で帰って行く生徒の表情がとても印象的でした。
参加した生徒の皆さん、それぞれの学校で生徒会活動を充実させてください。引率していただいた先生方、ご多用の中お越しいただき、ありがとうございました。

2017年12月27日

12月事務局会

 2日(土)、練馬区立関中学校にて、12月事務局会が行われました。議題は、「生徒会長サミット」「平成30年度全日本特別活動研究会東京大会」です。今年の生徒会長サミットも申し込みが多数来ており、例年通り150名以上の生徒の参加が見込まれています。全体会の発表では、大田区立大森第六中学校の生徒会の発表が決まっています。分科会は全部で6分科会開かれます。
 東京大会については現在準備を進めており、1月には一次案内を公表する予定です。

2017年12月20日

10月事務局会

21日(土) 江戸川区立松江第一中学校にて、10月事務局会が行われました。議題は「平成30年度全日本特別活動研究会東京大会について」「生徒会長サミットについて」「93号会報について」です。
 来年度の東京大会の詳細については、まもなく第一次案内を公開いたします。また、生徒会長サミットについては、今年度もホワイトボードを活用した形式で、分科会を行うことになります。奮ってご参加ください。

2017年10月29日
» 続きを読む